読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアの種貯蔵庫/いつか使いたいネタ作りのもと

お絵かき、ゲーム作りの発想の元になることをメモ代わりに書いていくところ。

ゲームアイデアに使えるか?6つの視点で発想を導くシックスハット法

数ある発想法のなかで、こちらがちょっと楽しそうだったので取り上げてみました。

 ゲームやお絵かき関係にうまくからめて色んなアイデアを出したいところです。

 

 

シックスハット法とは?(概要)

エドワード・デボノ氏のつくった発想法だそうです。

 どうやら大人数で行う発想法らしくブレインストーミングのような方法みたい。

 

基本6人でテーマに対して個別に6つの思考パターンを色属性で表示して意見を出し合う、というものらしい。

 

 6人が6パターン代わる代わる一通り行うことにより意見のまとまりを作るというのが狙いみたい。

チームで何か作っている方はやってみるといいかもね。

 

 ほら居るじゃないですか意見が分かれてしまって一方的に固まった意見しか言わず

まったく聞く耳をも持たない方

 でも強制的に別の考えをさせることによって(別の立場になる)

 

 「ああっこういう考えもあったかー」と気づかせることが出来るという。

 「それでも私はこうだ!」という方だったら・・・まぁ、がんばれ。

 

わりと当たり前のことではあるけど出来ないですよねこういうこと。

だからOO法て書いとけば納得する人もいるかと。

 

 

6つの帽子の属性

実際に帽子をかぶってやってもいいし、何かしらマークとなるものを手にしてもいいかも。

 

帽子の色は、赤、黄、黒、緑、白、青です。

 色事に分けられた思考パターンで意見を出していきます。

キャラを演じるといったとこでしょうか。

 

赤「感情的に」 直感、感覚、勘など

 

黄「肯定的に」 積極的、評価、メリット、ポジティブ、プラスチックになど

 

黒「否定的に」 問題視、懸念、注意、リスク、ネガティブ、デメリットなど

 

 緑「創造的に」 革新的、刷新、提案、代替、新しいなど

 

 白「中立的に」 数値、データ、事実、情報、純粋になど

 

 青「分析的に」  まとめ、結論、俯瞰、メタ思考など

 

 

よくある色彩テストの色の持つ意味とは少々違うので色を扱う方はお気をつけて。

でも大体色から想像できる分け方してありますね。さすがです賢い人。

 

 

個人的色属性感想

 

大体の人は黒に長けているから黒は問題なしか(失礼

否定型の方でも「じゃあどうすればよいか」まで考える人は賢人ですよね。(耳が痛い

 

黒の意味合いは調べると「この製品下手に使うと危なくね?」みたいな思いやり発想も

含まれてるみたい。

「危なくないように対処をする」そんな発想が出てくるみたい。

 

 

赤の方は直感だからその人の属性により左右されるのかな?

 

黄は否が応でも肯定的に、コレが出来る人は世渡り上手か。(個人の意見です)

 

緑はどこ向いてるか解らないタイプ、全く役立たずか妙案で起死回生か(私は前者)

 

 白はとにかくデータで現状判断、たとえばアンケート集計で出たデータを出し現実を見せる。

 

青は、とりまとめる力があるかどうか、これ一番きついな。

 

 

 

一人で出来ぬものか?

まぁできるでしょう、出来るとモノづくりに限らず、いろんな面、生活や人付き合いなどでも

相手のことを瞬時に察知できたり対応できたり出来るでしょう。

そこまで行ける人ってなかなか居ないか・・。

 

ひとりで6パターン観点を変え意見をつくる。

 

結局自分の中から出てきたものだけだから限界はあるかも。

そのへん他の発想法で上手くやれないかな?

 

 

 

まとめのようなもの、シックスハットから他の発想法を考える

おそらくこれから紹介するであろう発想法もパターンが違うだけで似たり寄ったりかもしれない、でも書いて行きましょう。

 

コンビ二の帰りにふと、思ったのが「天使と悪魔」

ベタではあるがこれも二つの観点からの思考、どっちよりに引っ張られるか、緊急時、緊張時にどちらが顔を出すか、これだけでもお話を作るネタになってしまうから面白い。後日書きたい所

 

今回のシックスハットでもキャラクターが作れてしまえるし使えるかもしれない。

 

ストーリーでも6人の出演者が出来事により全員黒帽子になったり、個別の色によって窮地を脱したり、これだけでも面白いかもしれない。

 

場面だけ用意しておけばキャラクターは勝手に動き出すかも。

 

RPGゲーム寄りの話で申し訳ないが解り易いと思って題材に出して言ってますが、

ひとつ思いつきで造ったアイテム(剣でもなんでも)意見を出してそれに対する設定や付加価値、つじつまあわせで存在感を引き立てるのも良いかもしれません。

 

  それではお役に立てたらコレ幸い。次回もあったらよろしく。

 

 

 シックスハットをテーマに1p漫画を描きました。

補足みたいなものです。好きで描いてるだけですが。

 

itokimaru.hatenablog.com

 

 

 

6つの帽子思考法 ――視点を変えると会議も変わる

 

 

 

 

 

広告を非表示にする